早めの対策を

はじめに

EDとは勃起不全と呼ばれる男性特有の病気です。
年齢とともに「立ちが悪くなった」や「行為の最中に中折れしてしまった」など誰しも経験があると思います。
実際おじさんと呼ばれる領域に入ってしまった私も20代のころのような溢れんばかりの精力は失いつつあります。
このサイトでは、まだまだ現役バリバリの人からED治療を開始している人まで、すべての人がもう一度振り返って確認できるようにED治療薬について情報をまとめてみました。
現役バリバリの人は将来の不安を取り除けるように知識を上げておくことで未然にEDを防げる可能性が高くなると思います。
将来現役として性春を謳歌できるようにみんなで頑張りましょう!

ED患者はAGA患者より多いのです。

EDの患数はどのくらいなのか?少し古いですが1998年の調査によると1130万人の男性がEDという結果がでました。
内訳としてときどき性交できない中程度EDが約870万人。
性交ができない完全EDの男性が約260万人。
実に成人男性の4人に1人がEDといえるのです。
ただ、この調査は約20年前ととても古いです。
ストレス社会、高年齢化の現代では約1800万人といわれております。
ちなみに、AGA(男性型薄毛症)の男性の数が約1200万人といわれておりますので実はED患者のほうが多いということになります。
街中で「ハゲ」を見かける数より、見かけではわからないEDのほうが多いのです。

増え続けるED患者数

なぜこんなにED患者数が多いのでしょうか?
一番の原因はEDは現代の生活習慣病のひとつといえるからではないでしょうか。
現代では昔と比べると食生活も欧米化し高脂血症や動脈硬化(生活習慣病)になる患者がとても多くなりました。
また、人付き合いがうまくできないなどでストレスを感じてしまう方もとても多く、精神疾患患者もとても増えております。
EDになる原因はこの動脈硬化などの生活習慣病や、精神疾患のどちらも関係が深く、発症前にEDになる方がとても多くおります。
そのため、EDは生活習慣や精神疾患の前段階の病気としていわれたりもします。
逆にいえば、常に健康に気を付けることがEDを防ぐ方法でもあるといえますね。

生活習慣の改善と併用してバイアグラなどのED治療薬を通販で購入して、一緒に試してみるのも良いかもしれません。個人輸入代行サービスのくすりぴあは商品登録数も多くてオススメです。

このページの先頭へ